1パチ実践Vol.5 2018年新台「CRバイオハザード リベレーションズ」の実践結果&感想

前回記事のアリアAAと同日に導入されたSANKYOの新台「CRバイオハザード リベレーションズ」を打ってきました(^O^)
ゲームのバイオハザードはほぼ全てのシリーズをプレイしており、リベレーションズもニンテンドー3DS版を遊んだことがあります♪
始めて遊んだ時はレイチェルのあまりの怖さに、シリーズをプレイしてきて初めてゲームを進めるのを一度諦めた思い出深い作品でもあります(苦笑)

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation

●CRバイオハザード リベレーションズ
●スペック
・大当たり確率:1/319.7(高確率:1/138.8)
・確変突入率:40%(右打ち時:65%)
・ラウンド振り分け
ヘソ入賞時
16R確変(払出2,400発):25%(電サポ次回)
4R確変(払出600発):15%(電サポ次回)
4R通常(払出600発):60%(電サポ100回)
電サポ時
16R確変(払出2,400発):65%(電サポ次回)
2R通常(払出約120発):35%(電サポ100回)
※2R通常時はアタッカーが10カウントする前に閉じてしまうショート解放となっています

通常時は確変突入率40%と確変への道のりは他の機種と比べるとキツイですが、通常時から2,400発が期待できる16Rの振り分けが25%あるのは魅力の機種ですね(^O^)
では早速今回の実践結果を簡単にご報告!!!

・119回転(貯玉600発+現金投資1,200円)
赤810停止→5図柄リーチ(リーチ成立時レバブル)→
スキャグデッド→クリス参戦→大当たり(7図柄昇格)
9連18,000発(2通含む)

・時短後70回転
赤810停止→3図柄リーチ(リーチ成立時レバブル)→
スキャグデッド→クリス参戦→大当たり(昇格なし)
3連合計19,400発(2通含む)

・時短後80回転で撤退
最終持ち玉:18,600発

前回のアリアAAに続き少ない投資で大当たり&RUSH直撃を引くことができ、更に連荘にも恵まれて大勝利!!!
そんな今回の実践での感想をいかにまとめてみました(^O^)

●通常時
・先読みで信頼度がほぼ0なレバブルが頻繁に来る
・810チャンス目は赤以外は頻繁に止まり、リーチにすら発展しないケース多数
・保留変化紫点滅も頻繁に発生
・上に挙げた通り、期待できない先読み予告が頻繁に来る

●確変時
・偶数図柄でリーチ煽り(左に偶数図柄が停止)が来た時点で高い確率でリーチになる…がバトル発展しないことが多い
・確変中の確率が重い(1/138.8)ので平気で200以上ハマる
・上の通り確変中のハマりが深いので、きちんと止め打ちしないと玉減りが半端ない…
・星保留はバトル発展時の信頼度の星をUPする効果あり?
(ウーズ殲滅バトル発展時に保留の星が信頼度の所に飛んで星3→4に変化させた)
・アタッカーはオーバー入賞が狙いやすい

通常時はほぼ期待できない先読みと連動したレバブルがよく来るので、シンフォギア等のどんな状況下でもそこそこ熱いレバブルの感覚で打つとダメですね(*´Д`)
個人的にSANKYOのレバブルは何処で出ても激熱なシンフォギア仕様が一番好きなんですが…

確変中は出玉規制の問題もあると思いますが、バトルに発展しないリーチが多発する&確変中の確率が重いので時間効率が非常に悪い感じでした((+_+))
また確変中は上記の通りハマりやすく、右打ち中のおまけ入賞にもあまり入らないので玉減りがかなり起きてしまいますね( ;∀;)
ただ65%の2,400発がループした時の出玉増加速度は凄まじく、アタッカーも非常に優秀なのでオーバー入賞も狙いやすいのは良いですね♪
今回は通常時をあまり楽しめなかったので、機会があればまた打ってみたいと思います(^O^)

2018年11月10日の実践結果
投資:1,200円(貯玉600発)
回収:18,000円(貯玉600発)
トータル:+16,800円

DVD/CDレンタル(44万タイトル以上!!)

コメントを残す